2007年04月01日 | N A T U R E A
里の景色/京阪奈丘陵地帯
Sun.01.04.2007 Posted in 風景
関西学研都市のある京阪奈丘陵地帯は元々こんな里山のある地域です。
京都~奈良の県境の丘陵地帯を造成して新しい街が作られてますが、
本当に必要なのか・・・そんな議論は行われずに開発が進められているのが現状です。
京阪奈丘陵地帯は、低木の自然林と昔からの田畑のある現在では貴重になりつつある場所です。

里山の景色2

里山の景色

SONY α100 DSLR-A100
SIGMA 50mm 1:2.8 EX DG MACRO


ブログランキング Ranking参加中





  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






スポンサーサイト



早春の光を受けて・・・ 
Sun.01.04.2007 Posted in
【TB企画/ "Monochrome Flowers in 2007 Spring"】に参加致します。

早春の光を受けて・・・

SONY α100 DSLR-A100
SIGMA DC 18-200mm 1:3.5-6.3 D
モノクロ用に露出を決めて撮影後、SILKYPIXでモノクロ処理


自分も含めてですが、モノクロ写真を見る人のほとんどの人が、
「なんで色が無いの?」
と思います。特に写真を趣味としない人に多い反応です。

基本的に今、写真は色があるのが当たり前なんです。
そこをあえてモノクロにする事の意味を考えてみると、
写真を撮る人間の意図があります。
プロもアマも写真を撮る人は自己表現者ですから、当たり前なんですが・・・。
なんでこんな事を言うのかと言うと、明らかにモノクロとカラーの写真の撮り方が違うと思うからです。
ドキュメンタリー的表現の中でテーマを明確にするためにモノクロ化する事がありますが、
そうではなくて、
今回のPHOTO-YARD主催の花や植物をモノクロで撮る場合と、カラーで撮る場合の露出は明らかに違うはずです。
カラーで最適な露出をモノクロ化して、「作品です。。。」
って言われても、その写真は「退屈な白黒写真」でしかないです。
少なくとも私にはそう見えます。
モノクロで美しい写真とは、カラーよりも広い階調を持ち、光の加減もよりシビアなはず。とばしたり、つぶしたりもアリ。

今まで実験的にカラーの花の写真をモノクロで比較としてアップしたこともありますが、モノクロとして撮ったことがなかったので、今回の機会にモノクロとして花の写真を撮ってみました。

ご指摘、ダメだし、お願いします。m(__)m

ブログランキング Ranking参加中



  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






曇天の枝垂桜/奈良・氷室神社  
Sun.01.04.2007 Posted in
曇天の枝垂桜1

曇天の枝垂桜2

曇天の枝垂桜3

曇天の枝垂桜4
SONY α100 DSLR-A100
SIGMA DC 18-200mm 1:3.5-6.3 D


※ 奈良市・氷室神社

ブログランキング Ranking参加中




  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。