引波 | N A T U R E A
引波
Tue.16.06.2009 Posted in 風景
Wave



どんな写真も少なからず撮るタイミングが重要になる。

意外に思われるかもしれないが、風景写真もそうなのだ。

風景写真は、そこへ行けば撮れる。

確かにそうだけど、

そこへ行くだけでは撮れないシーンがある。

光は常に変化し、ベストなタイミングは極めて短時間だ。

光を待つ、光を読む。

撮りたいイメージがなければ、いつシャッターを切るのかは、永遠にわからないだろう。

狙えば狙うほど、撮れちゃった写真ほど自分にとってつまらないモノはない。



  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






Theme: モノクロ « 写真

Tag: S5Pro

« 漂着 | Home | 印 »

comments

こちらにおジャマするたびに背筋が伸びます。
私のとっての禅寺となっています。

かの巨匠 土門拳様も同じことを申されています。真髄です。これから拳NATUREAとお呼びいたします

波打ち際は来る波より引く波が美しく
写真にするには引く時こそシャッターなのに
知らない人多すぎるんだおねー(苦笑)

絶妙のSSとタイミングですね。
風景写真のダイナミックさを表現する上で、光や雲、波などのタイミングを計ることの重要性、写真を拝見する度に思います。

>狙えば狙うほど、撮れちゃった写真ほど自分にとってつまらないモノはない。

同感っす。

これどんな写真でも共通することだと思うんですけど、やっぱりまずイメージできないと撮れないですよね。イメージに近づけていくことができない。

masabikeさんのコメントに深く共感し、私も拳NATUREAとお呼びすることに(爆

そして、burgさんのコメントに自分がなんとなく感じてて、実際にはまだ撮ったことがないのだけれども、自身がまだまだ修行がたらんと思ったしだいです(汗

まるで、砂が流れていくようですね!

こんな風に 撮られると
水の粒子の重なりのように見えます。


細く たなびく 水の流れが
 僅かずつ 地上から水際へと
  『何か』を もっていくような…

■foto_cychedelicoさん

 いやいやそんな大袈裟な(汗)

■相原さん

 お、なんとそうでしたか(汗) 不勉強でした。
 しかし、拳・・・・はご勘弁を(笑)

■burgさん

 観察してればすぐに気づくと思うんやけどなぁ・・・。
 観察してない人が多いって事か(笑)

■aruさん

 撮る前に被写体を知ることやね。
 なんでも同じやと思うよ。

■Reはん

そういうこと(^。^) ちみはわかってるから、あとは実践やなw

■snatchshotさん

 引き波は、美しいラインになりますよねw

■ぱせりさん

 ええ、砂が持って行かれます(^。^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

岩場にて

もっと波が欲しかった(汗)

続・ときどき湘南 # 150

 数点のポジ現物と写真展作品、それにこの写真を見たとき  葉山の某所と烏帽子岩の見えるこの場所が頭に浮かんだ。  パノラマ、し...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)