曽爾高原・冬 | N A T U R E A
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






曽爾高原・冬
Tue.15.02.2011 Posted in 風景
Bright field *



めまぐるしく変化するこの場所で、ちょうど良い感じの光を得た瞬間。

ススキの穂に光の陰影が波のようになり、輝きが変化する。

冬は曇りがちで、雲の切れ目から差し込む日光を捕まえる為に待ち続ける。


NIKON D700 + NIKON AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

それにしても、ランキングが落ちっぱなしです(汗)応援ヨロシク~♪





  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






Theme: 風景写真 « 写真

Tag: D700 NIKON 24-120mm LANDSCAPE

« はす池・冬 | Home | 曽爾高原から見る夕日 »

comments

こんばんわ。

素敵な瞬間です。
HarQさんはどんな方法で光を判断というか、見極めておられるのですか?

例えば、肉眼かファインダー越しか、撮影した写真からか等です。

私は先日、目にみえていない光が撮影したものに写り込むという経験をしました。撮ってみないと判らない光や色があると知った次第です。

■TOMOWLさん
 コメントありがとうございます。
 どういう光がどういう風に写るかは経験から得ています。
 実際の撮影で光の変化を見ながらシャッターを切るときは、
 左目で周りを、右目でファインダーを見ています。
 肉眼で見えない光が写る場合、フレアやゴーストもありますし、
 肉眼とは異なる感光をする場合もあります。
 それだけは撮ってみないとわかりません(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。