柳生の里/十兵衛杉  | N A T U R E A
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






柳生の里/十兵衛杉 
Tue.01.05.2007 Posted in 樹木
奈良には、柳生新陰流の発祥の地「柳生」があります。
柳生家で時代劇で一番著名なのは、柳生十兵衛三厳(やぎゅうじゅうべいみつよし)でしょう。
彼が諸国漫遊に旅立つ時、植えていったと言われている杉を【十兵衛杉】と言い、樹齢は約350年ですが、昭和48年夏に二度の落雷にあって現在は枯れています。
その姿は一種異様な景色となっています。

十兵衛杉

SONY α100 DSLR-A100
SIGMA DC 17-70mm 1:2.8-4.5


ブログランキング Ranking参加中




  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






« 桜 散るとき  | Home | 新薬師寺/鮮やかに・・・  »

comments

おはようございます

この木は、枯れてしまっているのでしょうか。
それでもたち続けているんですね。
太陽がもろに入っていて難しいシチュエーションですが、うまく撮られていますね。
ゴーストも、画になってます(^^)

こちらでも、、。

わが町ではありませんが、すぐ近くの町に、落雷で、まっぷたつに割れてしまった大木がありますけど、、
逞しい事に、再生していると言うか、しっかと行きているんですよ~。スゴイですね。
その姿、、近くに電線や民家があって、被写体としては、ちと難しく、、。へへっ。
ところで、画像がいっぱいで、パソコンがパンク寸前でした。やっと、回復いたしました。
外付けのハードディスク、、やはり必須ですね。
改めて、デジタルのリスクを痛感いたしました。

★★ o2ka7070さんへ

はい、この木は枯れてしまっています。
見えにくい所にワイヤーを張って、なんとか持たせてはいるようですが、
シロアリに食われた部分もあり、そのうち倒れると思います。
狭い場所に立ってる木で、全景を入れるちょうど良いポジションが取れないので、
いつも通りの見上げ構図になってしまいました(笑)

★★ かよちんさんへ

この木は復活できなかった様で、1夏に2回の落雷はやはり強烈だったようです。
デジタルデータは、「転ばぬ先のバックアップ」・・・コレに限ります(笑)

デッドツリー

落雷はこの樹にとって何か寿命を知らす天からの合図だったのかも知れませんね。
切り取られた枝や色彩を失ってもなお立ち続ける様子は、異様と言うよりもむしろ孤高の重厚さを感じます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★★ ねねさんへ

確かに孤高と言った方がしっくり来ますね。
稀代の剣豪であった十兵衛ですから、まさに孤高の武道家。
しかし・・・ホントに植えたんだろうか(笑)

★★ 鍵コメさんへ

チェックします~♪

凄い木ですねぇ~
てゆ~か青空と大木がとっても
よいです。
で、この木ってオラが産まれるずっと
前からあったって思うと凄い。。。
しかも昔はよく雷がおちたんですえぇ~

★★ オラさんへ

雷は、たまたまでしょう(笑)
杉やブナ、樫、大きな木は100年単位で生きてますから、私より年上が多い(笑)

お尋ねします・・・

NATUREAさん
いつも太陽の位置とか気象の変化を計算して
写真を撮りに行くのですか?
それとも 粘り勝ちですか(^_-)-☆
この写真も うまく太陽の位置があるので
「どうしてるのかなぁ~」と
素朴な質問です・・・

★★ yuyusさんへ

返事が遅くなってしまってすいません(汗)
ちょっと出かけてましたもんで・・・。
ほとんどの場合、撮るときの環境で撮れる絵を撮っています。
真っ昼間の場合、大きな木は太陽をいれている構図と、いれていない構図を数カット撮影して、良い方をBlogに載っけています。
平城京で撮影した迫力のある雲と新緑の木の様な写真の場合は、変化の激しい天気なのが朝の時点でわかったので、狙って撮っていますが、いきなりではわからないのでそういう場合は、知っている場所(ロケハン済み)となります。
つまり、はじめていく場所の場合は、朝早くから行きますが、ベストショットは無理な事が多いので、ロケハンがてらの撮影となります。
太陽のはいる巨木の撮影は粘って撮ると言うより、太陽のはいる構図を狙ってみる・・・程度です(笑)
標準ズームの広角(35mm換算で25mm~26mm)があれば、昼間ならほとんどの場合、太陽のはいるが可能です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。