光を撮る  | N A T U R E A
光を撮る 
Thu.17.05.2007 Posted in イメージ
たとえば、こんなものを撮ってみる。
肉眼で見るよりも、綺麗に見える。
写真は光をとらえる事なのは誰でも知ってる。
光と影・・・。
そんなもの当たり前だ。写真なんだから。
でも、たくさんの光の中で、どこをとらえるのかは撮る人の感性。

おもしろい。

もっと寄って、浅いフォーカスで欲しいな。
でも、このレンズじゃこれが限界だった。

おもしろい。

感性を満たすには、このシーンじゃ機材が不足してる。

ブログランキング Ranking参加中

光を撮る

SIGMA DC 17-70mm 1:2.8-4.5





  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






« Maple  | Home | 室生寺 2007年春 #7  »

comments

反省

僕は、光を撮る事を考えもせずに見た瞬間のものしか撮りませんでした。
「写真は、光をとらえる事」
僕の写真に足らない部分と心。
反省して考えてみます・・・
でも、性格は直らないかも。

これが葛餅だったら楽しいなあ・・・w
なんてのは冗談で!w
こういうものを見て 「あ、綺麗だな」 と感じれるようになったのは
写真を真剣に撮るようになってからかなあ・・・。
写真的目線っていうか、花が咲いてても 「あ、そう」 でしたからねえw

★★ yuyusさんへ

自分でも気をつけなければならないと思うんですが、
考えすぎないこと。
ぱっと見たときに自分が何を見ていいと感じたのかを忘れないことが重要です。
色なのか、光なのか・・・。造形なのか。
または、そういったシンプルな事ではなくて、歴史がそうさせているのか。
その違いによって、自ずと写真は変わっていきます。

★★ burgさんへ

くず餅ですか・・・・良いですね。
でも、残念です。これが水の中のガラス・・・。
カメラを持つと、むふふ・・・ですね。

光を撮るっていうこと、僕にはまったく手の届かない境地です。僕は光よりも目の前で起こっている事象に目がいってしまいます。でも、いいと思う写真を選択する時は結果的にいい光のもとで撮ったものが多くなります。ただし問題は、結果的に、なんです。
もうそろそろ、光を見て撮るようになりたいものです。

ビー玉・おはじき・玉石・・・・アップで写真にしてみると,感じがぐっと変わりますよね。
日常の物が急にARTになっちゃいます。楽しいです。
こういうオシャレな作品を見ると,家の中を見渡して被写体を探してみるのですが,なかなか見つかりません。やっぱり感性なんでしょうね!

★★ マナブさんへ

こんばんは。返事が遅くなりました。
風景を撮る場合は、その時の条件によって変化しますよね。
実際には、初めて行く場所は、地図などでどの方向から日がはいるのかを考えつつ行きますが、
ほとんどの場合、一回目は下見になってしまいます。
こういった物を撮る場合は、ある程度自分でコントロールできるので練習に使っています。

** 東京ゴリラさんへ

ガラス素材の被写体とか、水はおもしろい写真にしやすいですよね。
光のコントロールをいろいろ考えられるので、部屋で撮るときは遊びます。

こんにちは。
透明なものを被写体にして撮る時は、光はそれを
透してしまったりもするので、難しい時もありますね。
でも、反射と浸透のバランスがいい具合に撮れたとき
素晴らしい写真になるのではないでしょうか。
この1枚もおはじきの表面の反射と、浸透して落ちた
影のバランスがとれた素晴らしい写真と思います。
*れもん

★★ れもんさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。
この写真でれもんさんに褒めてもらえるのはすごく嬉しいです。
れもんさんは、微妙な光を見事に捉えた作品ばかりで、いつも興味深く拝見しております。

見落としそうな光の演出を見逃さず、着いてるレンズのぎりぎりのところで撮影、さすがです。
50mmF1.4があったらなー、と感じたところでしょうか。

★★ photo-tさんへ

こんにちは。
お褒めいただいて、とても嬉しく思います。
ありがとうございます。
この被写体は、水の中に入っておりまして、それでこの様な光の加減になるのですが、
普通に近づいたらレンズが水の中に入ってしまい、ワーキングディスタンスの必要なマクロレンズが必要でした。
使いやすいと言われる100mmクラスのマクロレンズは、実は持っておらず(笑)
持ってるのは、50mmのマクロくらいなもんです。(このときは、17-70のズーム)
しかし、制限のある中での撮影も楽しい内です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)