塀の上の猫  | N A T U R E A
塀の上の猫 
Tue.21.08.2007 Posted in 動物
カメラを持って出かけると
時々、猫に出会う。

猫は自分が安全だと思う場所にいるとき
初めて見た人が近づいてきても
意外に逃げないものだ。

この猫が何を考えてるかなんて解らないが
もう出会うこともないだろう。

写真撮らせてくれて、ありがとう。

ブログランキング・にほんブログ村へ Ranking 参加中

塀の上の猫




CAMERA : SONY α100 DSLR-A100
LENS : SIGMA DC 17-70mm 1:2.8-4.5
SOFTWARE : Photoshop CS2


  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。







私は昔、猫があまり好きではなかった。
しかし、
京都在住時代に勝手に我が家を住処と決めつけた
一匹の雄猫との同居生活が、その考えを一変させた。

みたままの名前のクロというその雄猫とは、
その後、3年間を共に生活したが、
クロは忽然と姿を消した。

そして、私は実家に戻った。

どこへ行ったのかわからないが、
もうとっくに死んでいるだろう。

今、我が家にいるクロは、その雄猫の娘である。

五右ェ門

ブログランキング Ranking参加中

« 清流  | Home | SHI Blogger's Photograph »

comments

別れ

わっ!!
猫だ!!猫が突然消えるのは、自分で死に場所を探す為だと聞いた事があります。
後は、どこかでアクシデントに遭遇したかも知れませんね・・・

おはようございます(^^)
今朝のめざましテレビで野良猫のお話をしていたのですがその地域の猫って右開きの戸って開けられないんですって。だからその地域の方たちは左側を開かないようにして右側から出入りしているということでした。
北海道って引き戸があまりないんですよ。ドアなんです。野良猫は入ってこれないと思う^^;

うちの猫も

死期を悟ると必ず消えていきました、
それにしても、ええ黒出てまんな♪

なんだか謎の多い動物ですね。
写真の猫もそんな不思議を携えた
表情をしていますね。
私の母も昔猫を飼っていたらしく
飼ってから数年後やはり忽然と消えたらしいです・・・
母は同時に飼っていた犬をかわいがっていたから
やきもちを焼いて出て行ったのだろうと
行っていましたが、今回の記事を読み
死期を悟ったのかもしれないなと思いました。

おはようございます。
猫好き、野良さんストーカーとしてはこのモノクロの味がたまらないです。
NATUREAさんの撮る猫達は野生味と風景が良くマッチしていて好きやわ~

*ねね

ウチのネコも突然姿を消しましたね
つらかったですが
今も2匹実家で飼ってます

ってか写真カッコイイっす

★★ yuyusさんへ

こんばんは^^

外へ出る飼い猫との別れはいきなりやってきますね。
現在の我が家の猫たちは完全に家猫なので、病気になった時は病院へ連れて行くし、最後まで見とる事になるでしょう。
それはそれで辛いでしょうね。

★★ 萌さんへ

こんばんは^^

右開きの戸しか開けられないのか!
知らなかった(笑)
北海道は土地が広いからドアなんだろうか・・・。
機密性の問題だろうか・・・。

そこに興味を持ってしまった(笑)

★★ カプチさんへ

こんばんは^^

外へ出る猫は仕方ないですね(泣)
良いクロでてますか(笑)
どこ?どこ?

★★ dinosauroidさんへ

こんばんは^^

猫は、時に自分が主人、時に子供、時に友達。
そんな視線でこっちを見ているようです。
そんな距離感が犬とは違う良さがありますね。
でも、我が家の犬も可愛いのです。アホやけどw

★★ ねねさんへ

こんばんは^^

ねこの森シリーズ見てますよ。
なかなかあんな風には接することも出来ないし、
あれほど巨大?な猫コロニーに出逢う機会もないですけど、
いつも楽しみに見てます。^^

野良猫を捕るときは、やはり可愛いく写すだけじゃ本当ではないと思うので、
こんな描写にしています。

でも、この猫・・・飼い猫だと思う(爆)

★★ KENDIさんへ

こんばんは^^

格好良いなんて嬉しいこと言ってくれますね。
何が欲しいですか?(笑)

猫屋敷

こんばんは!
我が家にも以前、ネコが5匹ほどおりまして、
事故や病気などで亡くなりました。母ネコは
無くなる前、家族一人ひとりの寝床を回って、
最後は力尽きてベッドの下で亡くなりました。
13歳と長寿でしたよ!猫好きなpoloでした。

★★ mr-polo-no1さんへ

こんばんは^^
お、猫好きさんですか^^
嬉しいです~(笑)
動物と一緒に暮らすのは、ほとんどの場合、人間よりも遙かに寿命の短い彼らですから、
見とることを意識しておかなければなりませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)