室生寺 …鎧坂(よろいざか)… | N A T U R E A
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






室生寺 …鎧坂(よろいざか)…
Wed.13.02.2008 Posted in 風景


室生寺の山門を通り抜け、

最初に出会う石段が鎧(よろい)坂。

この石段を上がると金堂があり、

室生寺の深く静かな空気が満ちている。

室生寺 …よろい坂…

クリックすると少し大きく表示できます。





*CAMERA :
   SONY α700 DSLR-A700

*LENS :
   SIGMA 17-70mm 1:2.8-4.5 DC

*SOFTWARE :
   SILKYPIX Developer Studio 3.0
   JTRIM(resize)

*PLACE :
   奈良県/室生寺


  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






Theme: 史跡・神社・仏閣 « 写真

Tag: α700

« 室生寺 …巨樹… | Home | 室生寺 …雪の華… »

comments

きっちりとした構図配分が
気持ちいいっす♪

何だか安心しますね。
室生寺のお写心が既にNATUREAさんの中で完成しているのかな?

すごい荘厳な感じがします。
石段一つ一つにも歴史を感じますね^^

この寒い季節は室生寺にピッタリな感じがします。
リンク貼らせていただきたく思います。宜しくお願いします。

一段一段ゆっくりと上がりたく石段ですね。
室生寺ますます行ってみたくなりました。

女人高野、歴史の重みを感じつつ、厳粛な空気に触れたようです。

上っていく石段・・・・
自分の魂も上昇していくような・・・
特別な空気を感じる写心ですね

雪が効果的ですね。
行ってみたくなります。

一段一段登るごとに身が清められるようです。

でも、階段を見るとめまいがしますー(爆


ナチュレアさんの写真にはいつも重みがありますね。
特にモノクロの表現は。
石や寺を撮るからそうなのか、それともナチュレアさんが重い人だからなのか、謎です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★カプチさん

 この鎧坂は「きっちりしなきゃ」と思ってしまいます(笑)
 
★ねねさん

 奇をてらった構図を撮ったとしても、結局は被写体に負けるだけです。
 堂々とした年月には真正面に対峙することが重要だと考えています。
 
★tairikuさん

 写真家に有名な室生寺ですが、それ以上に歴史そのものが偉大ですので、
 真正面から撮らせてもらうだけなんです。
 
★equinoxさん

 はじめまして、こんばんは^-^
 室生寺の四季はそれぞれに素晴らしいです。
 equinoxさんも是非撮ってみてください。
 行くたびに発見があります。
 リンク感謝です。今後とも宜しくお願いいたします。
 
★てんさん
 
 確かに一段一段ゆっくりと上がってしまいます(笑)
 いろんな写真を撮りながら・・・
 是非、一度おいでください♪
 
★mr-polo-no1さん

 石楠花が咲き誇る観光シーズン以外は割と静かです(笑)
 しかし、この雪のシーズンはカメラマンが沢山いらっしゃいます。
 みんな同じ画角の写真を撮っておられます。
 
★リリィさん

 機会があればリリィさんも一度撮りに行ってみてください。
 気後れすることはありません。
 室生寺は万人に門戸を開いてます^-^
 
★aruさん

 さて、いつやりましょう♪ 室生寺オフ(笑)
 
★DOG-58さん

 え、DOG-58さんは、階段恐怖症?(^◇^;)
 
★マナブさん

 いつも重みありますか・・・(笑)
 それは、きっと重い人だからでしょう(^◇^;)
 
★鍵22:08さん

 過分な言葉感謝です。
 まだまだ思い通りに撮れない事ばかりで修行中です(^◇^;)
 ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。