弥勒世 上下巻/馳星周 | N A T U R E A
弥勒世 上下巻/馳星周
Thu.21.02.2008 Posted in 日記

弥勒世 上

仏教において、何れ訪れるであろうと預言されている「弥勒世」とは、キリスト教で言う「千年王国」である。
仏の世、神の世。宗教の教えが意味を成さなくなる時代。
そんな壮大なタイトルをつけられた馳星周氏の新刊である。

小説の内容は、返還前の沖縄が舞台。 沖縄では、豊作の年をたとえて「弥勒世」と言うのだそうだ。

もちろん、まだ読んでいないのだが、今まで馳星周氏の小説で裏切られた事がないのだ。
たまたま、インターネットを通じて交流のある馳氏だが、
そんな事は関係なく面白い書であろう事は想像に難しくない。
是非、読んでみる事を薦める。

面白ければ、もし馳氏の作品を読んでなければ過去の作品も読んでみてはどうだろう。
まだまだ、寒い今年の冬。
馳星周の世界にドップリとハマるのも面白いと思う。

さぁ!! 今日が発売日っ!!!
みんな、書店へ走れっ!



 
  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






Theme: 読書 « 小説・文学

« 春日大社 …冬… 壱 | Home | 室生寺 …別れ… »

comments

うわぁ~、馳さん精力的だなぁ。
脂がのっているんでしょうねぇ。
ナチュレアさんの言う通り、彼の作品に裏切られたことは僕もありません。
海外生活の一番のネックはこういう作品がすぐに手に入らないことです。
でも、早く手に入れて読まなくちゃ!
楽しみ、楽しみ。

★マナブさん

ほんと、精力的ですよね~。馳さん。

活字嫌いですY(>_<、)Y

こんばんは。
馳星周さんの新刊記事をトラックバックしたけど、
うまくトラックバックされるといいな。

★オオォさん

そう言わず、たまには読んでみたらいかがでしょう??(笑)

★gotoさん

もちろん、完璧にTBしております(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

新刊の予告

 2月22日、父ちゃんの新しい小説が発売されます。 弥勒世 上下巻 発売 小学館  返還前の沖縄を舞台にした、例によって暗い小説です。犬は出てきませんけど(笑)、興味のある人は是非買ってくださいっ!!! 売れたら、ぼくとソーラのご飯やおやつが...

新刊/弥勒世 上下巻

 友達の新刊です。  詳細は コチラ で。

でるよ!!!

来る2月22日!!! いつもresahiso一家をやさしく(?)見守ってくれてる、「ワルテルとソーラと小説家」の父ちゃんさんの新しい小説が発売されます!!! 弥勒世 上下巻 発売 小学館 この小説が売れたら、ワルテル君とソーラちゃんのご飯やおやつがレベル...

瞳の奥に・・・

今日はお知らせです。ブログ「ワルテルとソーラと小説家」でフォトグラファーとしても

新刊予告

★2007年7月撮影、宮古島、GRD、モノクロ化 新刊の予告 小学館から馳星周さんの新刊「弥勒世(上下巻)」が2月22日に発売されます。 舞台は返還前の沖縄とか。 さて、如何なる「馳ノワール」が展開されるのか?

新刊のお知らせ ー「弥勒世」

奇才な小説家 馳 星周さんの新刊「弥勒世」(小学館)が22日に発売されます 前作の「約束の地で」(集英社)を読まれ彼の世界に陶酔した方も多いはず…… 現代文学をリードする骨太な小説、是非再びあの躍動を感じたいと思っています 詳細はコチラからどうぞ ...

お知らせ

私のテキストの師と仰ぐ、ワルテルの父ちゃんの新刊が出ます。 売れると、ワルテルとソーラのご飯やおやつがグレードアップするだけでなく、 私のシゴキも軽くなる・・・はず???・・・・だから買ってくれ!!(切実)笑 2月22日発売 弥勒世 上下巻 発売...

お知らせ

ブログにて交流させていただいてる、 ワルテルとソーラと小説家の馳星周さんの新刊が発売されます^^ 2月22日発売 弥勒世 上下巻 発売 小学館

沖縄の風景 廃墟で見たものは・・・

親切なAさんの車に乗せてもらって、無事宿に着きました。 夕食まで随分と時間があったので、ちょっと遠出の散歩に行って来ました。 広大なサトウキビ畑を過ぎると、藪の中に一軒の廃墟を発見。 沖縄に行ったことのある敏感な人は感じたことがあるかも知れませんが、


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)