静海光景 | N A T U R E A
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






静海光景
Fri.29.02.2008 Posted in 風景

静海光景 1




静海光景 1

クリックすると少し大きく表示できます。

海の景色を眺める。



気がつくと結構な時間を過ごしてしまう。

春一番の吹き荒れたこの日だが、

海の大きさから見れば大したことがないのだろう。

大騒ぎするのは人間だけだ。





*CAMERA :
   SONY α700 DSLR-A700

*LENS :
   TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD

*SOFTWARE :
   SILKYPIX Developer Studio 3.0
   JTRIM(resize)

*PLACE :
   愛知県/渥美半島(遠州灘)

  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






Theme: 風景写真 « 写真

« 菜花 | Home | 冬の記 »

comments

反射した輝きと鳥影が美しいです。
壮大ですねぇ。

光が消えるまで眺めてていいですか?
え!絶対消えないって!?(笑

こんばんは^^

たまんないです(^^)
カプチさんと同じく、ずっと眺めてていいですか?(爆)

素晴らしい!

「とにかく空が好き♪」コミュから遊びに来ました。
何てスケ―ルの大きな写真でしょうか!
おっしゃるとおり人間の思いの範囲って大自然の大きさからすれば本当に小さなものですね。
小さなことでくよくよしないでこの大自然のように伸びやかになおかつ強く生きていきたいと感じました。
素敵な感動をありがとうございました!

1枚目の光に惹かれますーー!

1枚目好きです!
舞台上の鳥に照明が当たってる~みたいな感じがグー! (^O^)g

私も海辺に行くとあっという間に時間が過ぎちゃいます。
ボーっとできるのが好き。
波が行ったり来たりしてるうちに悩み事がだんだん小さくなっていくような。
いいですよね、海。私も1枚目が一番好きかな♪

いやぁ~~不思議空間、素敵です!

現実には終わりがあるけど、お写心ならずっと
眺めていられる...改めて捉える...素敵だなぁ
と実感しました^^
ご褒美をもらえたような気分です♪

3枚ともいいですね、迫力ですね、ア~写真撮りたい。あまりにいいのでNATUREAさん退場です(笑)

え?!3枚目?

NATUREAさん私にも見せて下さい、、、。
もしかして相原さんにしか見えないのでしょうか。

すいません

2枚目です。(僕のことではないです写真です)今北海道でこんな感じの海を見ています。もうすぐリベンジ、フッフッフッ!!

ぐっは~
激シブですね(^ー^)

一撃必殺っすね
かっこいい・・・・

NATUREAさん こんばんは。
写心の神様が微笑みましたねぇ~
言う事ありましぇ~ん。^^

★コメントありがとう

多忙のため、
失礼ながらまとめて御返事させていただきます。

aruさん
カプチさん
narugamiさん
snatchshotさん
ぶいぽちさん
みーさん
オオォさん
てんさん
相原さん
ねねさん
KENDIさん
FUKUTAさん

 いつもコメントありがとうございます。
 励みになります。


yukoさん

 はじめまして、嬉しいコメントを頂きまして喜んでおります。

海って、おおきいな~と。
自然はすごいなーっと感じるお写真ですね :D
なつれさん、いつも凄いところへお出かけしてるんですか?
すごいなー。

★かふあさん

 こんばんは^-^
 海は大きいですね(◎-◎)w
 山も海も雄大な景色が好きなんです
 それを出来るだけ迫力を込めて撮りたい。
 いつも凄いところへ行く訳じゃないですよ(笑)
 いつも撮ってるだけです♪
 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

時化の海

S5Pro + Nikkor VR 18-200mm 岬へ到着した時から観た事も無い雲の動きだった 突風は容赦なく海を荒らし、重い鉛色の波が体中に跳ねる 自分で自分を支えているのが精一杯な荒れた自然を 燈台が知らん振りしてじっと観ていた


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。