西大寺 一景 参 | N A T U R E A
西大寺 一景 参
Thu.27.03.2008 Posted in イメージ

西大寺 一景 参

クリックすると少し大きく表示できます。


どこでも写真は撮れる

・・・言うのは簡単だが、これが結構難しい

ファインダーを覗く前に

景色を見渡す目を持たなきゃ

撮れるものも撮れない


まずは

自分の目でしっかりと見ることだ

そして

感性も大切だが、それだけじゃダメだ

撮れた写真から、撮る写心へ進んでいこう






*CAMERA :
   SONY α700 DSLR-A700

*LENS :
   MINOLTA AF 100-300mm F4.5-5.6 D

*SOFTWARE :
   JTRIM(resize)

*PLACE :
   奈良県/西大寺


  人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。

      日記ブログ →  シエスタ・スタイル もよろしく

      HarQのおすすめ商品 →  amazon HarQ店

      出張ポートレート・記念写真 承ります。 hal.yamaguchi@gmail.com までご連絡を。






Theme: モノクロ « 写真

Tag: α700

« 春 | Home | 西大寺 一景 弐 »

comments

NATUREAさん こんばんわっ♪

ぐさっと来ました。
これからも精進致します。

それにしてもこの石畳の質感がいいですね。

静かな心でこのお言葉を唱えて歩きます。

私も、この呪文を唱えて歩かないと…^。^
こういうふうに撮れたら、偶然でも嬉しいです!私のばあい。

確かに見ることから始まりますよね、
そこからが勝負・・・・難しいっす(-_-;)

はい、センセ。

相原さんにも同じ事を言われました。
忘れないようにしないと!

こんばんは
見渡す目、撮る写心
有り難いお言葉、ありがとうございます!

激ツボ渋!!
自分にない、自分の撮りたい感じっす
刺激になります(^ー^)

どしたのー?
悟りでも開いた幹事ー?

プロの撮影現場は観察9割り撮影1割り
脳内で全てのイメージとセッティングができれば
そこからの動作は超速いよー。
モニター見て首をかしげる俺様とは違うんだー(爆)

グサっと結構な勢いで、奥にまで突き刺さりました(>_<);イタイ...
進めない環境を言い訳にして、進む事を拒んでいました。
進んでみよう!と思いますが、とりあえず傷が癒えてからで(笑)。
それがダメダメなんですね(苦笑)。

説得力のある写真です。

僕の場合は”数打ちゃ当たる!”かな?

ほとんど当たんないけどー(爆

撮れた写真から、撮る写心へ

いい言葉ですね(T-T)
この穏やかで力強い写真に載せて、今年の私の目標にしたいですm(__)m
本当にいい写真ですね!

観察することが大切ですね(^^)

わかっちゃいるけど・・・きゃあああああああ(@p@;←壊

その言葉、肝に銘じまする。

だけど、それが難しい^^;;
日々精進の連続です。

★yorikoさん

 おはようございます。
 私の自戒の言葉ですから、お気になさらずお願いします(汗)
 コメントありがとうございます^ー^

★はなママさん

 おはようございます。
 私の自戒の言葉なんです(汗)
 コメントありがとうございます^ー^

★カプチさん

 おはようございます。
 そうなんです。観る事から・・・
 でも、カプちゃんは先を走ってるから、私が追いつくの待っててね(笑)

★ねねさん

 おはようございます。
 私も相原さんに言われてます(笑)

★handachinさん

 おはようございます。
 handachinさんの写心から勉強させて頂いてます。
 コメントありがとうございます

★KENDIさん

 おはようございます。
 嬉しいコメントありがとうございます。^ー^
 KENDIさんのポートレイト好きですよ。

★burgさん

 おはようございます。
 自戒ですよ。自戒(笑)
 悟り開けたら良いなぁ(汗)

★てんさん

 おはようございます。
 まずは楽しんで撮らないとね^ー^
 そして、考えよう。

★DOG-58さん

 おはようございます^ー^
 私も同じようなものです(汗)
 自戒の言葉なのです(笑)

★inumaruさん

 おはようございます。
 自分自身、こうありたいという想いですので、
 同じ目標に頑張りましょう♪

★Re+αさん

 おはようございます^ー^
 最近よく壊れるねぇ(笑)

★narumagiさん

 おはようございます^ー^
 私も日々精進♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)